第1回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会
Top page
開催概要
会長ごあいさつ
日程表
プログラム
演題募集
参加者へのご案内
座長・演者へのお知らせ
会場・アクセス
京都市内地図

 
日本神経内分泌腫瘍研究会
   
  オンライン演題登録
プログラム
  • 9月28日(土) 会場:テルサホール
  • 9月28日(土) ポスターセッション
12:00-14:00 シンポジウム1
Keynote Lecture
司会:
今村 正之 (関西電力病院顧問・京都大学名誉教授)
KL
Multi Transcript Molecular Biomarkers in Gastrointestinal Neuroendocrine Disease
Gastroenterological Surgery, Yale University, USA
Irvin M. Modlin
シンポジウム 1) NET肝転移の治療
座長:
上本 伸二 (京都大学 肝胆膵・移植外科)
國土 典宏 (東京大学 肝胆膵外科・人工臓器移植外科)
S1-1
肝転移に対する集学的治療の重要性
東京医科歯科大学 肝胆膵・総合外科学分野
工藤  篤 他
S1-2
NET肝転移に対する集学的治療:治癒を目指した戦略
東京大学 肝胆膵・人工臓器移植外科
青木  琢 他
S1-3
肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍の治療方針
九州大学大学院医学研究院 病態制御内科
五十嵐久人 他
S1-4
肝転移を伴う膵・消化管神経内分泌腫瘍の治療経験
関西電力病院 外科
河本  泉 他
S1-5
神経内分泌腫瘍肝転移に対する経動脈的治療:後方視的研究
熊本大学病院 画像診断・治療科
池田  理 他
S1-6
膵消化管神経内分泌腫瘍(NET)―WHO分類 2010 その運用
国際医療福祉大学 病理診断センター
長村 義之

共催: ノバルティスファーマ株式会社/ファイザー株式会社

14:10-15:00 施設代表者会議
15:10-16:30 シンポジウム2
シンポジウム 2) NET切除術の手技
座長:
田中 雅夫 (九州大学 臨床・腫瘍外科)
海野 倫明 (東北大学 胃腸・肝胆膵外科)
S2-1
膵神経内分泌腫瘍の手術手技による検討
慶應義塾大学医学部 外科
北郷  実 他
S2-2
当科での膵神経内分泌腫瘍(pNET)に対する腹腔鏡下手術の手技と成績
九州大学 臨床・腫瘍外科
大塚 隆生 他
S2-3
膵神経内分泌腫瘍(P-NET)に対する機能温存手術
藤田保健衛生大学病院 総合外科・膵臓外科
志村 正博 他
S2-4
EUS-FNABによる術前診断は膵神経内分泌腫瘍の腹腔鏡下膵切除の適応を可能にするか?
三重大学 肝胆膵・移植外科
藤永 和寿 他
S2-5
直腸カルチノイドに対する内視鏡的切除及びその長期成績に関しての検討
横浜市立大学付属市民総合医療センター 内視鏡部
金子 裕明 他
16:30-16:40 閉会式

閉会の辞

ポスター発表時間: 11:00-12:00
ポスター貼付時間: 9:30-11:00
ポスター撤去時間: 16:30-17:00

ポスターセッション会場: 京都テルサ2F テルサホール東側・北側ロビー、リハーサル室

1. 膵・診断
座長:
清水 京子 (東京女子医科大学 消化器内科)
児玉 裕三 (京都大学 消化器内科)
P1-1
消化管・膵神経内分泌腫瘍のmTOR pathway関連タンパク質発現解析と、手術・薬物治療に対する臨床経過との比較検討
東京大学医学部附属病院 肝胆膵外科・人工臓器移植外科
星川真有美 他
P1-2
EUS-FNAによる膵神経内分泌腫瘍の病理学的診断成績
関西医科大学 内科学第三講座(消化器肝臓内科)
高岡  亮 他
P1-3
EUS-FNA検体における細胞像の客観的評価
東北大学病院 病理部
笠島 敦子 他
P1-4
消化管内分泌細胞腫瘍の日本の分類と2010年WHO分類の対比
新潟大学大学院保健学研究科 保健学専攻検査技術科学分野
岩渕 三哉 他
P1-5
膵内分泌腫瘍における主膵管浸潤の有無とその臨床病理学的意義
北里大学東病院 消化器内科
升谷 寛以 他
P1-6
NECの臨床病理学的検討
愛知県がんセンター中央病院 消化器内科
肱岡  範 他
P1-7
膵管癌と膵神経内分泌腫瘍の合併・併存腫瘍についての検討
岡山大学病院 肝胆膵・移植外科
内海 方嗣 他
2. 膵・遠隔転移治療
座長:
波多野悦朗 (京都大学 肝胆膵・移植外科)
羽鳥 隆 (東京女子医科大学 消化器外科)
P2-1
原発巣R0切除を基本とする膵内分泌腫瘍肝転移症例に対する集学的治療成績
北海道大学大学院医学研究科 消化器外科学分野II
土川 貴裕 他
P2-2
膵神経内分泌腫瘍肝転移の治療戦略
横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター
押  正徳 他
P2-3
当科におけるStage IVの膵神経内分泌腫瘍の治療戦略
東京医科歯科大学 肝胆膵・総合外科
勝田絵里子 他
P2-4
肝転移を有するpNET治療例の検討
東北大学 肝胆膵外科
青木  豪 他
P2-5
肝転移を有する切除不能消化器神経内分泌腫瘍に対する内科的治療の検討
国立がん研究センター中央病院 消化管内科
佐々木満仁 他
P2-6
多発肝転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対し、集学的治療と原発巣切除を行った3自験例
国立病院機構九州がんセンター 消化器外科
金城  直 他
P2-7
長期生存が得られている膵神経内分泌腫瘍術後再発の2例
神戸大学 肝胆膵外科
山下 博成 他
P2-8
多発肝転移を有するVIPomaで肝転移巣に対するTACEが症状コントロールに有効であった1例
長崎大学病院 消化器内科
福田 浩子 他
3. 膵・外科的治療
座長:
高折 恭一 (京都大学 肝胆膵・移植外科)
庄  雅之 (奈良県立医科大学 消化器・総合外科)
P3-1
膵神経内分泌腫瘍転移・再発症例の検討
金沢大学 消化器・乳腺・移植再生外科
中川原寿俊 他
P3-2
膵インスリノーマ切除例42例の治療成績
東京女子医科大学 消化器外科
出雲  渉 他
P3-3
非機能性膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移の検討
東海大学病院 外科
和泉 秀樹 他
P3-4
当院における膵神経内分泌腫瘍に対する手術術式の検討
千葉大学大学院医学研究院 臓器制御外科学
秋山 貴洋 他
P3-5
脾動静脈を温存した腹腔鏡補助下脾温存膵体尾部切除術
山形大学医学部 外科学第一講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学講座)
手塚 康二 他
P3-6
当科における膵神経内分泌腫瘍21例のまとめ
自治医科大学 消化器一般外科
石黒 保直 他
P3-7
当院での膵神経内分泌腫瘍切除例の検討
北里大学医学部 外科学
牛久 秀樹 他
P3-8
膵内分泌腫瘍核出術における術中膵管造影の重要性
東京医科歯科大学医学部附属病院 肝胆膵・総合外科
三浦 智也 他
P3-9
膵消化管神経内分泌腫瘍に対する治療成績の検討
東邦大学医療センター大森病院 一般・消化器外科
前田 徹也 他
4. 膵・内科的治療
座長:
森實 千草 (国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科)
黒瀬  健 (関西電力病院 糖尿病・栄養・内分泌内科)
P4-1
膵神経内分泌腫瘍に対する核医学治療(PRRT):症例報告
四国がんセンター 消化器内科
上杉 和寛 他
P4-2
切除不能膵神経内分泌腫瘍(P-NET)に対してDOTATOC 療法を施行した5例
横浜市立大学病院 臨床腫瘍科、消化器内科
小林 規俊 他
P4-3
当院における膵神経内分泌腫瘍に対するエベロリムスの使用経験
東京医科歯科大学 肝胆膵・総合外科
赤星 径一 他
P4-4
当院における膵神経内分泌腫瘍に対するエベロリムスの使用経験
愛知県がんセンター中央病院 消化器内科
堤  英治 他
P4-5
当科における膵神経内分泌腫瘍に対するエベロリムスでの治療経験
聖隷浜松病院 消化器内科
室久  剛 他
P4-6
Everolimusを投与した肝転移を伴うG2膵神経内分泌腫瘍の2症例
富山大学病院 第三内科
中田 直克 他
P4-7
多発肝転移巣に対して一時的にTS-1が著効した非機能性膵NETの1例
金沢医科大学 一般・消化器外科
上田 順彦 他
P4-8
Gemcitabine/S-1/CDDP+持続性オクトレオチド投与が奏功した肝転移を伴う胆膵原発のNEC 2症例
国立病院機構九州がんセンター 消化器・肝胆膵内科
久野 晃聖 他
5. 膵・症例報告1
座長:
浅田 全範 (北野病院消化器病センター 内科)
三上 芳喜 (京都大学病院 病理診断科)
P5-1
早期濃染されず漸増型の造影パターンを呈した膵内分泌腫瘍の一例
獨協医科大学越谷病院 外科
名取  健 他
P5-2
DOTATOC-PET/CTにて術前診断し得た非機能性膵内分泌腫瘍の1例
関西電力病院 外科
加茂 直子 他
P5-3
術前診断に難渋した嚢胞形成を伴う巨大膵内分泌腫瘍の一例
東海大学 消化器外科
増岡 義人 他
P5-4
solid pseudopapillary neoplasmと鑑別が困難であった 膵neuro-endocrine tumorの1例
名古屋セントラル病院 消化器外科
田中 晴祥 他
P5-5
EUS-FNAにて通常型膵癌と鑑別可能であった主膵管狭窄を伴う非機能性膵内分泌腫瘍の1例
聖路加国際病院 消化器・一般外科
上田 宣仁 他
P5-6
EUS-FNAが診断に有用であった膵神経内分泌腫瘍(PNET)の一例
京都府立医科大学 消化器内科、済生会吹田病院 消化器内科
加藤 隆介 他
P5-7
膵内分泌腫瘍との鑑別が困難であった十二指腸GISTの1例
京都大学 肝胆膵・移植外科
佐藤 朝日 他
P5-8
膵神経内分泌腫瘍と十二指腸GISTが合併した1症例
九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学
植田圭二郎 他
6. 膵・症例報告2
座長:
木村 康利 (札幌医科大学 外科腫瘍学・消化器外科)
平良  薫 (大津赤十字病院 外科)
P6-1
膵神経内分泌腫瘍に対して、膵頭十二指腸切除術を施行した1例
北野病院 消化器外科
井上 善景 他
P6-2
副乳頭原発十二指腸神経内分泌腫瘍に対し二期的な切除を要した一例
名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学
日比野壮貴 他
P6-3
治癒切除可能であった膵神経内分泌癌の一例
産業医科大学 第1外科
沖本 隆司 他
P6-4
多発肝転移を伴う膵神経内分泌癌に対して集学的治療を施行中の1例
東京慈恵会医科大学外科学講座 肝胆膵外科
奥井 紀光 他
P6-5
主膵管拡張を伴った膵内分泌腫瘍の1切除例
埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科
原  聖佳 他
P6-6
十二指腸ガストリノーマリンパ節転移の1例
岐阜大学大学院 腫瘍外科学
棚橋 利行 他
P6-7
転移により非機能性膵島腫瘍から機能性腫瘍へと変化したproinsulinomaの1例
秋田大学大学院医学系研究科 消化器外科学講座
吉岡 政人 他
P6-8
胃癌術後に低血糖にて発見されたインスリノーマの1切除例
近畿大学医学部 肝胆膵外科
松本 正孝 他
P6-9
2nd-line chemotherapyが奏功し切除しえた進行膵神経内分泌腫瘍(P-NET)同時性肝転移の1例
東京大学医学部附属病院 肝胆膵外科
竹村 信行 他
7. MEN1
座長:
平井 一郎 (山形大学 外科学第一)
泉山  肇 (東京医科歯科大学 糖尿病・内分泌・代謝内科)
P7-1
MEN1に伴う十二指腸ガストリノーマの1例
関西電力病院 外科
萩  隆臣 他
P7-2
ACTH・プロラクチン同時産生下垂体腺腫を認めたMEN1型の一例
和歌山県立医科大学 内科学第一講座
浦木  進丞 他
P7-3
膵臓, 副腎, 後腹膜に発生した多発神経内分泌腫瘍の1例
岡山済生会総合病院 外科
山田  元彦 他
P7-4
MEN1患者における多発PNETの1切除例
大津赤十字病院 外科
余語  覚匡 他
P7-5
Zollinger-Elison 症候群のMEN1一家系に生じた異時性、多臓器腫瘍の特徴と問題点
国立病院機構函館病院 臨床研究部病因病態研究室、病理診断科
木村  伯子 他
P7-6
PNET, 肝・リンパ節転移で発見された多発性内分泌腫瘍1型(MEN1)の長期生存例の報告
東京女子医科大学東医療センター 性差医療部/内科、長野赤十字病院 内科
片井みゆき 他
8. 肺、食道
座長:
園部  誠 (京都大学 呼吸器外科)
浦野  誠 (藤田保健衛生大学 病理診断科)
P8-1
化学放射線療法により完全奏功を得た食道小細胞癌の1例
神戸大学大学院医学研究科 食道胃腸外科
裏川 直樹 他
P8-2
化学放射線治療が奏功した食道内分泌癌の1例
佐賀大学医学部附属病院 地域医療支援学講座、一般・消化器外科
矢ヶ部知美 他
P8-3
術前術後補助化学療法により長期生存を得た食道内分泌細胞癌および低分化食道扁平上皮癌混合型癌の1例
千葉大学大学院医学研究院 先端応用外科
豊住 武司 他
P8-4
肺大細胞神経内分泌癌手術例の検討
京都大学 呼吸器外科
青山 晃博 他
P8-5
外科的切除を施行した肺原発神経内分泌腫瘍(NET)の臨床的検討
高知医療センター 呼吸器外科
岡本  卓 他
P8-6
肺大細胞神経内分泌癌(LCNEC)手術症例の予後予測因子に関する検討
神戸大学医学部附属病院 呼吸器外科
小川 裕行 他
P8-7
発生頻度の稀な神経内分泌腫瘍の2症例
国立病院機構九州がんセンター 消化器外科
上江洌一平 他
9. 胃、小腸
座長:
天野 良亮 (大阪市立大学 腫瘍外科)
生駒 久視 (京都府立医科大学 消化器外科)
P9-1
高率に肝転移をきたす胃原発神経内分泌細胞(GI-NEC)の治療成績
国立病院機構東京医療センター 外科
浦上秀次郎 他
P9-2
術前化学療法によりpCRが得られた食道胃接合部内分泌細胞癌の1例
がん・感染症センター都立駒込病院 食道外科
久米雄一郎 他
P9-3
胃原発神経内分泌細胞癌の臨床および病理組織学的検討
高知大学医学部 外科学講座外科1
並川  努 他
P9-4
幽門側胃切除後の残胃ESD切除、残胃追加全摘後、1年10ヶ月後に肝転移を起こした神経内分泌癌の一例
鹿児島大学大学院 人体がん病理学
東 美智代 他
P9-5
集学的治療により根治切除し得た肝転移を伴う胃NECの症例
がん・感染症センター都立駒込病院
大日向玲紀 他
P9-6
胃内分泌細胞癌12例の検討
千葉県がんセンター 消化器外科
滝口 伸浩 他
P9-7
OctreotideLARにより良好な病勢コントロールが得られている回腸神経内分泌腫瘍の1例
JA広島総合病院 外科
山口 拓朗 他
P9-8
一過性の黒色便を契機に発見された回腸原発NETの1例
北海道消化器科病院 内科
碇  修二
10. 大腸
座長:
鈴木 研裕 (聖路加国際病院 消化器一般外科)
元井 紀子 (がん研究会有明病院 病理部)
P10-1
大腸神経内分泌腫瘍の6例
京都大学医学部付属病院 消化管外科
星野 伸晃 他
P10-2
Lynch症候群に合併した10mmの進行大腸内分泌細胞癌の1症例
横浜市立大学附属病院 消化器・腫瘍外科
渡部  顕 他
P10-3
当科における切除不能な遠隔転移を伴う大腸神経内分泌腫瘍に対する治療成績の検討
東京医科歯科大学大学院 腫瘍外科学
石川 敏昭 他
P10-4
直腸神経内分泌腫瘍に対する治療方針
東北大学病院 胃腸外科
大沼  忍 他
P10-5
前腸・中腸由来の多発神経内分泌腫瘍の1切除例
済生会熊本病院 外科センター
高森 啓史 他
P10-6
大腸神経内分泌細胞癌肝転移に対しBevacizumab併用XELOX療法が奏効した1例
横須賀共済病院 外科
久保 博一 他
P10-7
FOLFOX療法により長期生存が得られている直腸内分泌細胞癌の一例
KKR札幌医療センター斗南病院 腫瘍内科
北山 浩光 他
P10-8
消化管神経内分泌腫瘍に対するEverolimus及び[177Lu-DOTA]-TOCの使用経験
田附興風会医学研究所 北野病院消化器センター 内科
  忠之 他
11. その他の臓器
座長:
堤  宏介 (九州厚生年金病院 外科)
小山 善久 (大原綜合病院 外科)
P11-1
肝内多発転移を有する肝原発神経内分泌腫瘍の1例
佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科、地域医療支援学講座
出   勝 他
P11-2
多発性肝腫瘍にて発症し長期生存中の原発不明神経内分泌腫瘍(NET)の一例
三重県立総合医療センター 消化器内科
大矢 由美 他
P11-3
全身化学療法を行った胆嚢神経内分泌腫瘍の2例
東京女子医科大学 消化器内科
塩賀 太郎 他
P11-4
腸間膜に原発した神経内分泌腫瘍(NET G2)の1例
大阪市立大学大学院 腫瘍外科
木村健二郎 他
P11-5
FAMT-PETによる悪性褐色細胞腫骨転移の評価:FDG-PETとの比較
群馬大学大学院医学系研究科 放射線診断核医学
金   舞 他
P11-6
副腎褐色細胞腫および副腎癌におけるFDG集積と細胞増殖能との関連について
群馬大学大学院医学系研究科 放射線診断核医学
菅原 茂耕 他
P11-7
乳腺神経内分泌癌の治療
旭川医科大学 乳腺疾患センター
北田 正博 他